業務案内

福井県に本社を構える株式会社宏栄は、日本全国のコンクリート建築工事に携わっております。十分な強度をもった建造物を作るためには、精度の高い型枠作成が求められます。弊社は型枠大工のプロフェッショナルとして、それぞれの現場に貢献しています!そんな弊社の業務内容を、下記にてご紹介します。

型枠大工工事

鉄筋コンクリートの建物を建てる際には、生のコンクリートを固めて外壁や柱、梁などの構造物を作っていく必要があります。その形成に必要なのが「型枠」です。図面通りの精密な型枠を組み立て、その中に柔らかいコンクリートを流し込み、固まったら型枠を外す。この一連の作業が、建築工事において型枠大工が担当する仕事です。
弊社で活躍しているスタッフは、一人ひとりが高い技術をもっておりますので、地震などの揺れにも強い建物を実現できます。豊富な経験を活かし、現場一件一件に集中して作業を行ないます。また、型枠解体まで一貫して行なっておりますので、安心してお任せください。

施工の流れ

STEP-1

①拾い出し

型枠を加工するために必要な図面を作成することを、型枠大工工事の現場では「拾い出し」といいます。柱・壁・梁・スラブなどの形状、寸法、数量などを施工図面から計算し、加工図を作成します。

STEP-2

②加工

作成した加工図をもとに、合板・桟木などの材料を無駄なく切断していきます。現場の規模や用途に合わせて、パネルや柱型・梁型・補助などのさまざまな型枠を作ります。

STEP-3

③墨出し

型枠の位置を表すために、施工図面をもとに現場の床に印や線をつけていきます。床や壁との水平・垂直を確かめながら、正確に作業を進めます。

STEP-4

④建込

加工した型枠を現場に運び入れ、墨出し作業でつけた印に沿って慎重に組み立てていきます。強度の高いコンクリート構造物を作るためには、この作業がとても重要です。

STEP-5

⑤コンクリート打設

生のコンクリートを型枠に流し込んでいきます。この際、型枠にはコンクリートの大きな側圧がかかりますので、型枠大工は常に厳密なチェックを行ないます。

STEP-6

⑥型枠解体

コンクリートが固まったら型枠を外し、清掃を行ないます。ここまでの一連の作業が、型枠大工の仕事です。

採用情報

 型枠大工の求人情報