コラム

column

土木一式工事をはじめるのに用意すべき道具とは?

こんにちは!
株式会社宏栄です。
弊社は福井県鯖江市に拠点を置き、全国各地で型枠工事、土木一式工事、電気工事を行っている建設業者です。
今回は、弊社が得意とする土木一式工事について、その概要や必要な道具についてご紹介します。
土木工事作業員としての活躍を目指す方は、ぜひ最後までご覧ください。

土木一式工事とはどんな工事なのか

大工道具
土木一式工事とは、道路や橋梁、河川やダム、トンネルや空港など、社会のインフラを支える工事の総称です。
土木一式工事は、一つの工事に多くの工種が関わります。
例えば、道路工事では、路盤や舗装、排水や標識などの工事が必要です。
また、橋梁工事では、基礎や橋台、桁や橋脚、防錆や塗装などの工事が必要です。
土木一式工事は、工事の規模や内容によって、さまざまな専門技術や知識が求められます。

土木一式工事で必要な道具の種類や用途とは

土木一式工事で必要な道具は、工事の種類や工程によって異なりますが、以下のようなものがあります。

測量器具

測量器具とは、土木工事の現場で、土地や建物の位置や高さ、角度や距離などを測定するための道具です。
測量器具には、水準器や測量テープ、測量釘や測量棒などがあります。
測量器具は、工事の計画や設計、施工や検査などの各段階で使用されます。

掘削機械

掘削機械とは、土木工事の現場で、土や岩などを掘り起こしたり、穴を開けたりするための機械です。
掘削機械には、ショベルカーやブルドーザー、パワーショベルやボーリングマシンなどがあります。
掘削機械は、基礎や橋台、トンネルや排水などの工事で使用されます。

打設器具

打設器具とは、土木工事の現場で、コンクリートやアスファルトなどを打ち込んだり、平らにしたりするための道具です。
打設器具には、コンクリートミキサーやコンクリートポンプ、アスファルトフィニッシャーやロードローラーなどがあります。
打設器具は、舗装や橋脚、ダムや空港などの工事で使用されます。

保護器具

保護器具とは、土木工事の現場で、作業員の安全や作業の効率を確保するための道具です。
保護器具には、ヘルメットや安全靴、安全帯やゴーグルなどがあります。
保護器具は、工事の全工程で使用されます。

土木工事の新規スタッフを求人中!

履歴書とスマートフォン
弊社では、土木一式工事に携わる土木工事作業員を募集しております。
土木一式工事は、社会のインフラを支える工事ですが、その反面、多くの工種や技術が関わり、高度な知識や技能が求められるでしょう。
そこで、弊社では、未経験者の方でも安心して土木一式工事の仕事にチャレンジできるように、教育や安全管理などの教育体制を整えております。
また弊社は寮付きの職場なので、全国各地から住み込みで働く型枠大工や土木作業員を、現地採用しております。
現在は長野県長野市の現場にて、土木作業員を募集中です。
ぜひ求人応募フォームからご連絡ください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。