コラム

column

型枠コンクリート打ち放し補修工事に必要な道具とは?

こんにちは!
株式会社宏栄です。
弊社は福井県鯖江市に拠点を置く建設業者で、型枠工事、電気工事、型枠コンクリート打ち放し補修工事などを行っております。
対応地域は石川県金沢市や愛知県名古屋市、長野県長野市を含む全国各地です。
今回は、弊社で型枠コンクリート打ち放し補修工事を行う土木作業員として、働く際に必要な道具についてお話ししたいと思います。

どんな道具が必要なの?

型枠大工 スタッフ
型枠コンクリート打ち放し補修工事に必要な道具とは、以下のようなものがあります。

ハンマーとノミ

ハンマーとノミは、コンクリートの表面を削り取るために使用します。
コンクリートのひび割れや欠損部分をハンマーとノミで叩いて、不要な部分を除去します。
この作業は、コンクリートの表面を平滑にするために必要です。

ワイヤーブラシとブロワー

ワイヤーブラシとブロワーは、コンクリートの表面を清掃するために使用します。
ハンマーとノミで削り取ったコンクリートの破片やほこりを、ワイヤーブラシでこすって、ブロワーで吹き飛ばします。
この作業は、コンクリートの表面を清潔にするために必要です。

モルタルとヘラ

モルタルとヘラは、コンクリートの表面を補修するために使用します。
モルタルは、セメントと砂と水を混ぜたもので、コンクリートのひび割れや欠損部分に充填します。
ヘラは、モルタルを塗りつけたり、ならしたりするための道具です。
この作業は、コンクリートの表面を補強するために必要です。

道具の使い方とメンテナンスは?

型枠コンクリート打ち放し補修工事に必要な道具の使い方とメンテナンスとは、以下のようなものがあります。

ハンマーとノミの使い方とメンテナンス

ハンマーとノミの使い方とメンテナンスは、以下の点に注意しましょう。

ハンマーとノミは、コンクリートの表面に対して直角に当てて叩きます。
斜めに当てると、コンクリートの内部にひび割れを広げる可能性があります。
ハンマーとノミは、コンクリートの表面から約1cm程度の深さまで削り取ることが可能です。
深く削りすぎると、コンクリートの強度が低下する可能性があります。
使用後に水洗いして乾かす必要があります。
水分や汚れが残ると、錆びや劣化の原因になるからです。

ワイヤーブラシなどの使い方とメンテナンス

ワイヤーブラシとブロワーの使い方とメンテナンスは、以下の点に注意しましょう。

ワイヤーブラシは、コンクリートの表面を強くこすります。弱くこすると、破片やほこりが残る可能性があります。
ブロワーは、コンクリートの表面から十分な距離をとって吹かなければいけません。
近すぎると、コンクリートの表面を傷つける可能性があるからです。
ワイヤーブラシとブロワーは、使用後に水洗いして乾かします。
水分や汚れが残ると、錆びや劣化の原因になるからです。

モルタルとヘラの使い方とメンテナンス

モルタルとヘラの使い方とメンテナンスは、以下の点に注意してください。
モルタルは、コンクリートの表面が乾いた状態で充填します。
湿った状態で充填すると、モルタルとコンクリートの密着性が低下する可能性があるでしょう。
ヘラは、モルタルを均一に塗りつけたり、ならしたりする際に使います。
ムラや凹凸があると、コンクリートの表面が不揃いになる可能性があるでしょう。
モルタルとヘラは、使用後に水洗いして乾かします。
水分や汚れが残ると、モルタルの硬化やヘラの錆びの原因になるため注意が必要です。

型枠大工のスタッフを募集中です!

STEP UP 黒板
弊社では、現在新たな型枠コンクリート打ち放し補修工事などを行うスタッフを、求人募集中です!
経験者・未経験者を問わず大歓迎です!
また弊社では、住み込みで働いてくださる土木作業員をお待ちしております。
寮付きのため、全国各地から型枠大工を目指す方を歓迎しております。
建設業者で土木作業員として働きたい方も、ぜひご応募ください!
弊社で、型枠工事・土木工事のやりがいと魅力を感じてみませんか?
ぜひ求人応募フォームからご連絡ください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。