コラム

column

型枠工事のプロになるために必要なこと

こんにちは!
株式会社宏栄です。
福井県鯖江市に本社を置き、石川県金沢市や愛知県名古屋市、長野県長野市を含む全国各地で建設業を展開しております。
今回は、弊社の中核を担う型枠大工について、型枠工事のプロになるために必要なことをご紹介します。
ぜひ最後までご覧ください。

型枠大工とはどのような仕事か

型枠工事現場と作業員
型枠大工とは、コンクリートを流し込むための型枠を組み立てたり、解体したりする専門職のことです。
型枠大工は、建物や橋などの構造物の強度や形状を決める重要な役割を担っています。
木材や鉄筋などの素材を使って型枠を作り、コンクリートを流し込んだ後に型枠を外すという作業を繰り返します。
型枠大工は、高い技術力と安全意識が求められる仕事であり、やりがいのある仕事です。

型枠大工になるために必要な資格や経験は何か

型枠大工になるために必要な資格や経験は、以下のようなものがあります。

資格

型枠工事に必要な資格は、特にないというのが現状です。
しかし、型枠工事に関連する資格を取得することで、技術力や信頼性を高めることができます。
例えば、型枠施工技能士といった型枠工事の技能を認定する国家資格や、建築施工管理技士という建築工事の施工管理を行うための、国家資格がおすすめです。
このほかにも建築士と呼ばれる、建築物の設計や監理を行うための国家資格もおすすめです。

経験

型枠大工になるために必要な経験は、実際に現場で型枠工事を行うことです。
型枠工事は、設計図や施工計画に基づいて行われますが、現場の状況に応じて臨機応変に対応することも必要です。
そのため、現場での経験を積むことで、型枠工事のノウハウやコツを身につけることができます。
型枠大工になるためには、一般的には、2年から3年程度の現場経験が必要とされます。

型枠大工になるためのサポートとは?

型枠大工になるためのサポートとは、以下のようなものがあります。

教育や研修

型枠大工になるためには、教育や研修が必要です。
教育や研修では、型枠工事に必要な道具や機械の使い方、型枠の設計図や施工計画の読み方、型枠の寸法や角度の測り方、コンクリートの流し込みや固まり具合のチェック方法などを学びます。
教育や研修は、企業や業界団体が主催する場合が多く、期間や内容は様々です。
教育や研修を受けることで、型枠工事の基礎知識や技能を身につけることができます。

先輩や上司からの指導やサポート

型枠大工になるためには、先輩や上司からの指導やサポートが必要です。
先輩や上司からの指導やサポートでは、現場での実践的な技術やノウハウを教えてもらったり、アドバイスやフィードバックを受けたりします。
先輩や上司からの指導やサポートを受けることで、型枠工事のスキルや安全意識を高めることができます。

型枠大工の仲間になりませんか?

RECRUIT
以上、型枠工事のプロになるために必要なことをご紹介しました。
型枠大工は、建設業の中でも特殊な専門職ですが、それだけにやりがいや魅力もあります。
株式会社宏栄は働いてくださる土木作業員を求人募集中です。
寮付きのため、全国各地から住み込みで型枠大工を目指すことができます!
建設業者で型枠大工・土木作業員として働きたい方を大歓迎中です。
ぜひ求人応募フォームからご連絡ください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。